HOME > ゲーム情報 > リーズのアトリエ〜オルドールの錬金術士〜 > その他

リーズのアトリエ/その他

このページで気になったシステムなどを紹介してみようかと。。


簡単なストーリー紹介

事の起こりは、ロブロンド大陸の極東地方にあるランデル王国。
この王国の王様はお金遣いが荒く、ある時ついに経済破綻となり・・・
あろうことか、王国を丸ごと差し押さえられてしまったのです。

膨大な借金を返すため、
国民はもとより王様やお后様まで強制労働の日々を送る事に。

そんな中、リゼット王女は、闇夜に乗じて城を脱出し、隣国オルドールへ。

物語は、リゼットがオルドールの首都「ミスリーン」にたどり着いたところから始まるー。さぁ、ランデル王国を買い戻す事はできるのか!?

オープニングはマンガ形式。一こま一こま絵が動くらしい。

オープニング

page01page02page03page04

マルチエンディング

ゲームはマルチエンディング。

エンディングを迎えると、機材やアイテム等を引き継いだ状態で、最初からプレイすることが可能!!!!

無人販売所

無人販売所

調合してできたアイテムを置いておくと、いつのまにか誰かが買ってくれ、お金が支払われているというシステム

しかも、買ってくれたお客さんは、後日、お買い上げ台帳に使った感想をあげてくれたりします。



無人販売所

無人販売所では、アイテムの値段は自分で決めることができます。

高すぎる設定をしちゃうと、こんな苦情がきたりするようですが(^^;


アイテムの「特徴」

アイテムの「特徴」

材料となるアイテムに付いている「特徴」が、新たに調合したアイテムに遺伝されていきます。

ちなみに「特徴」を変更できるアイテム調合は「新作じっけん」と言います。

「特徴」は材料の持ついくつかの「特徴」の中から確率で一つの特徴が遺伝されていきます。


アイテムの「特徴」

普通に「新作じっけん」を行うだけでは、なかなか思い通りにはなりません。そこで!「中和剤」の登場です。

中和剤はアイテム調合する前に追加投入することができ、投入すればするほど、中和剤のもつ「特徴」が遺伝されやすくなります。


アイテムの「特徴」

依頼の中には「特徴」を指定している物もあるようなので、この中和剤は重要です。

ただし、中和剤で無理矢理「特徴」を変更する訳なので、それなりのコストや時間が必要とのこと。


調合時のミニゲーム

アイテムの調合中のミニゲーム

アイテム調合中などにイレギュラーとしてミニゲームが!派生アイテムができたりするご褒美ミニゲームから、失敗してしまうとグレードダウンしてしまうトラブルミニゲームまで、いくつかの種類が存在します。

ミニゲームの発生率は比較的低く設定されており、ミニゲームが起こるか否かは、運の要素による部分が多くなっています。

錬金釜のミニゲーム
 テンポよくかき混ぜろ!

トラブル系ミニゲーム
 虫たちをたたき落とせ!

採取系ミニゲームnew
 網を使って大量ゲット!


フィールド移動

フィールド移動

フィールドの移動は従来のアトリエシリーズどおり、ワールドマップを移動する方式。目的地までは、赤い点の数だけ日数が必要。

気になるのは画面左上。

日付が存在している上に、何年目かを表す数字&季節の表示があるんです。

季節によって出てくるアイテムがありそうですね。


戦闘

戦闘

今作は、従来の戦闘システムと違い、シミュレーションRPGのようなシステムです。

味方を動かして、敵に接近させたりして攻撃します。近くに攻撃できるモンスターがいなかった場合などは、攻撃できずにターンを終える形になります。

また、攻撃には範囲が設定されていて、フラムなどの爆弾は着弾した攻撃対象から3×3マスの範囲を攻撃してダメージを負わせたりできます。

もちろん、採取に行く時は、仲間を雇って連れて行きましょうね〜。


アイテム交換

アイテム交換

通信機能を使って、調合で出来あがったアイテムや、手に入れたレアアイテムなどを友達と交換することが可能に!

交換するアイテが決定したら(画像上)交換開始!(画像下)これでレアアイテムもバッチリ!?


ライセンス

ライセンス
ライセンス

今作では、錬金術はライセンス制となっている。「ごうかくだったよ」と言ってるってことは…どうやら試験を受けてライセンスをとらなきゃダメみたいだね。

ちなみにこのライセンス制度を制定したのはオトマル

画像下では「錬金術の本ライセンス」取得。

他にもグレイゴが「錬金術の鍛冶ライセンス」「パティシエのライセンス」を持ってるらしいので、いろいろ種類があるのかな〜

(C)GUST CO.,LTD.